イベント

「つくる」のホントを知ってるかい?展 レポ 【プラモデル】

「つくる」のホントを知ってるかい?展サムネ

2019/02/15~17に東京ドームシティGallery AaMoで開催されていたバンダイのプラモデル展示イベント『「つくる」のホント知ってるかい?展』に行ってきたのでちょこっとレポ。

「つくる」のホント知ってるかい?展

入場


最終日である17日に行ってまいりました。
入場まで並ぶこと10分程度
ちなみに入場料は無料。

 

PV
入るとまず、寒いPVを観させられた。
バンダイスピリッツはオタク向け商品の作りすぎで一般人に対するアプローチがわからなくなってしまったのだろうか??
ともかく、これを観ないと先に進ませてもらえない。

 

パンピー向けプラモ展示

分解ランドセル
分解スーツ
分解したスーツやランドセル。
これはプラモではなかった。

 

セガサターンプラモ1
セガサターンプラモ2
セガサターンプラモ3
セガサターンのプラモ。
ランナーにコントローラーのケーブルが見当たらないことから、この部分はプラでないことがうかがえる。
というか、組みあがったの見れば質感でわかる。

 

板チョコのプラモ
あとチョコのプラモ。
銀メッキがキレイですね。

 

柿の種プラモ
たまごっちプラモ
硯プラモ
ハーモニカプラモ
で、次のフロアに移ると柿の種たまごっち、ハーモニカなどのプラモが。
墨の文字部分のパーツの合いっぷりが気持ちいい。
たまごっちは電池なども再現されているようだったので、裏側も見たかった。

 

回転ガンダム
ガンダムが回転ずしのレーンで回っていた。
マシンロボレスキューの大回転ベースといい、バンダイはロボと回転ずしの組み合わせに可能性を見出しているのだろうか?

 

種ポーズ

 

種ポーズ

 

 

でかいストームトルーパー
ストームトルーパーのプラモを拡大したもの。

 

オタク向けプラモ展示

新色パイセン
去年瞬殺だったフミナパイセンは水着の色を変更して発売予定らしい。

パイセンランナー
いつ見ても猟奇的なランナー。


AT-ATみたいな歩くロボット
復活を果たしたゾイドへの対抗商品だろうか?

30 MINUTES MISSIONS1
30 MINUTES MISSIONS
30 MINUTES MISSIONS3
30 MINUTES MISSIONS4
30 MINUTES MISSIONS5
30 MINUTES MISSIONS
プラモオリジナルのロボット。
カラバリを多数展開で組み合わせて君だけのロボを作り出せ的なやつらしい。

 

スターデストロイヤー1
スターデストロイヤー2
スターデストロイヤー
1/5000 スターデストロイヤー ライティングモデル
めちゃくちゃカッコよかった。
ディティール、バッキバキだし、余計なところから光が漏れてないのもすげーよ!
同スケールのCR90コルベットが付属するようだ。
光らないモデルも発売予定。

 

ライダープラモ
Figure-rise Standardの仮面ライダー。
エグゼイドは相変わらず参考出展。
写真を撮り忘れたが、仮面ライダーWも参考出展されていた。

 

アスナプラモ
そして、『ソードアート・オンライン』よりアスナ
こちらもFigure-rise Standard。

 

アスナ2
頑張って撮影したがコレが限度だった。

許してくれ。

バッチリ確認はできないが、スカート内にはサフが吹かれておらず、パンツは白だった。
これはきっと、展示品を隅々まで見る熱心なユーザーのためのサービスなのだろう。
ありがとうバンダイ!

 

あとリアルグレードの新作ガンダムが展示されていたようだが、ガンダムわからな過ぎてスルーしてしまったようだ。

そのほか

覗くザク
プラモ作る機械
デカいザクの顔が覗いてたり、プラモ成形する機械が動いてたりした。

 


先ほどの機械で作られた出来立てのガンダム生首をお土産に貰えた。

行ってみた感想

つくるのホントとは一体なんなのか最後まで分からない展示会だった。
個人的にコレといった見どころもなく、ただプラモのパンツを見に行っただけとなってしまった。

ABOUT ME
anan
anan
オタク系の記事とか書きます。