イベント

【VRコミケ問題】同人誌即売会の呼び方について【Vケット】

VRコミケサムネ

先日開催されましたバーチャル同人誌即売会『ComicVket』
こちらのイベントが“VR版コミケ”として報道されていた件に関して声明が出たりと話題になりましたね。

VRコミケと呼ぶことの何がおかしいの?
同人誌売ってるイベントってコミケなんじゃないの?

という方も多いと思います。
そこでコミケや同人誌即売会についての話を軽く。

【VR即売会】ComicVket・Mketへ遊びにいってきた2020年夏。 8月に入り一気に夏本番。 外ではセミが大合唱し、アスファルトからは熱気が立ち込める今日この頃いかがお過ごしでしょうか...

同人誌即売会=コミケじゃない!

さんざん言われている例えでしょうが、TVゲーム機全てを指してファミコンと報道しちゃったようなもんです。

まず、同人誌を売っているイベントの総称は”コミケ”ではありません。“同人誌即売会”と書かれることが多いです。言いづらいのでオタクトークの中では”同人イベント””即売会”とかそんな感じです。

オタク以外にはわかり辛く、知らなくていい情報ではありますが、同人誌即売会はメッッッッッチャあります。なんなら毎週何かしら開催されてます。(今年はコロナでアレですが)

ただ、”同人”の言葉が表す通り、ある1つのコンテンツやニッチな趣味を持った人たちだけにリーチしたイベントのため、普通に暮らしていたら目に留まることは、まずありません。オタクでもジャンル違いの同人イベントの話なんてマジでわかりません。(よっぽどデカいコンテンツのとかなら別ですが)

そもそもコミケとは?

じゃコミケって何?って話ですが、これは幾多にある同人誌即売会の中で、”コミックマーケット準備会”という主催が開催する”コミックマーケット”というイベントの略称です。また、有限会社コミケットによって登録商標されております。

で、このコミケは乱暴に言うと全部の同人誌即売会をまとめて一つの会場で開催するイベントって感じです。ハチャメチャに規模がデカく、とても目立ちます。すると、オタクが集まる激キモイベント!!!みたいな感じでTV報道されたりもして、パンピーの方々の耳にも入っていくワケですね。

結果、”オタクが集まるイベント=コミケ”といったイメージになり、「正確には違うけど伝わりやすいからコミケって言っておこう」といういい加減な報道になったのでしょう。また、インターネットの検索において”コミケ”というワードのボリュームが大きいのも理由のひとつかと思われます。(勿論、この記事のタイトルもご多分に漏れません)

コミケじゃないイベントをコミケと呼ぶことの何が問題なの?

しらん。いろいろあるんだろ。運営に聞け。

べつに個人で同人イベントの事をなんと呼ぼうと構わないと思いますけど、報道がやるのはマズいですよね。たとえば、コミケと何の関係もない同人誌即売会で何か良くないことが起きたとしましょう。その際に”コミケで事故発生”なんて報道されたら、とんだとばっちりですし、逆もまた然りです。

ざっとですが、こんな感じでどすか??