イベント

リリー楽綺団in大阪心斎橋BIGCAT【ライブ参戦レポート】

ABCのリリー楽綺団おっかけ1号こと私だ。
今回は2nd Album【INDIVIDUALISM】Release Live in 大阪に参戦してきたので、興奮冷めやらぬ中での参戦レポートを書いていきたいと思う。
INDIVIDUALISMとは何ぞや? リリー楽綺団とは?
となった方は、前回の記事もあわせて読んでいただきたい。

リリ団サムネ
必聴!ガールズバンド!!リリー楽綺団-新世代バンドを見逃すな!!古今東西のロックバンドは今も大人気!なかでも、女性メンバーからなるガールズバンドの存在感が増してきているように思える。 かつてのプ...

10/24 リリー楽綺団ライブに向けて大阪へ出発


10/24午前8時30分発の新幹線に揺られ、私は大阪へと向かっていた。
そう、本日は2nd Album【INDIVIDUALISM】のリリースライブが「心斎橋BIGCAT」で行われるので、それに参戦するためだ。
まさかの日帰り強行。
帰りの新幹線内の自分の状態を想像して震えながらも、初めてリリー楽綺団のライブに参戦するということで胸がいっぱいになっていた。
少しでも体力を温存しようとひと眠りしていたら、あっという間に新大阪へと到着。
共にライブへと参戦する仲間と合流し、まずはライブ会場の下見へと足を進めた。

心斎橋BIGCATに到着

まずは会場の下見から。
本日リリー楽綺団がライブをする会場がこちら!
心斎橋BIGCAT!

すでにセッティングは始まっており、会場回りはリリー楽綺団一色になっていた。




これから自分たちがこのライブに参戦するのかと思うと、お昼なのに気分が高ぶってきた。
【INDIVIDUALISM】Release Liveということで、2ndアルバムの楽曲が中心に演奏されるであろうことから、昼食を探す道中もアルバムをヘビーローテーション。
ライブ開始まで5時間ほどあるのだが、すでに【INDIVIDUALISM】Release Live in 自分! は開始していた。

リリー楽綺団in大阪心斎橋BIGCAT【入場】

15時30分。開場の時間となる。

今回は事前にチケットを購入済みなので、別途にかかるものはワンドリンク分600円のみ。
入場の際には大阪コロナ追跡システムの登録が必須なので、待ち時間の間に登録をしておく。
このシステムへの登録で、BIGCATを利用したことの証明となる。

開場の時間、2階下までリリー楽綺団のライブ参戦者で長蛇の列ができていた。


入口でワンドリンク分のお金を支払い、検温を行って入場完了。
ドリンクチケットは即使用し、ウェーイな感じで乾杯&乾杯!
ここから長い夜が始まろうとしていた。

尚、今回のチケットについてきたチェキクジとグッズクジの結果はこちら!
名刺セットは今回のライブのステージ配置を意識して並べてみた。

リリー楽綺団in大阪心斎橋BIGCAT【ライブ】

ある程度落ち着く前にまずは自分たちの席を確保しなければならない。
会場内はそこそこのキャパを有しているが、昨今の情勢を反映しソーシャルなディスタンスが取られていた。
席の前後左右は最低でも1人分のスペースが空けられており、ギュウギュウ詰めのライブではなかった。
ある種これは新鮮な画であり、開催側も色々な努力をしているんだなと再確認した。

開園時間になりリリー楽綺団が登場する。
筆者は初めての生リリー楽綺団だったこともあり、ちょっと緊張していたのは秘密である。
いくつかのライブ写真と共に2nd Album【INDIVIDUALISM】Release Live in 大阪を振り返っていきたいと思う。

1曲目、出だしの音を聴いた瞬間に心を持っていかれたかのような衝撃。
ガールズバンド!? と思うほどの音圧とエネルギーにテンションは一気に最高潮へと昇って行った。
筆者も長年様々なバンドのライブに参戦してきたが、ここまで強く衝撃を受けたことは数えるほどだった。

事前に音源を聴いた時に感じた「リリー楽綺団のスピード感」はライブにて更に速度を増していた。
開場の端から端まで彼女たちの魅力を乗せた音が一気に駆け巡る。
るいしゃむのドラムに鼓動すら塗り替えられ

コトネのベースがつま先から脳まで駆け抜ける

natsuのギターの疾走感に引っ張られ

ひときわ響くSAiRahのキーボードに心奪われた。

そして演奏陣のパワーに負けない綺更と瑞月のパワフルな歌唱力と魅力的なダンスがすべてをひとつにまとめ上げていた。


リリー楽綺団がデビューから今まで常に走り続けられてきた意味が一瞬で理解できるほどの勢いと力強さ、そして熱さに包まれていた。
写真撮影:yui

今回の2nd Album【INDIVIDUALISM】Release Live in 大阪はnatsu生誕祭も兼ねており、少々特別な日となっていた。
natsuのソロ楽曲の初披露がそれだ。
リリー楽綺団としてではなくnatsu個人としてのソロ曲は、リリー楽綺団の時のパワフルさやカッコよさとは違いどこかキュートな曲で、natsuの可愛らしさを多分に感じられる一曲となっていた。
また、本日の会場限定で「natsu生誕セット」も販売されていた。
Photoブックやポスター、チェキ券などが同封されてとてもお得なセットだ。

私?
まぁもちろんゲットしたわけなんだがね!

natsu写真集の中で一番好きなページもご紹介!

さて、熱狂的なエネルギーに満ちたライブも終了とあいなるわけだが、今回の大阪ライブでリリー楽綺団から重大に告知がされた。
なんとリリー楽綺団
2021年1月9日にSHIBUYA Club aisaでライブを行うことが決定!


asiaといえばバンド界隈では中々に有名なライブハウスだ。
こんな大きな所でライブができるなんて……リリー楽綺団、大人気バンドになる気配がビンビンするね!
もちろんasiaのライブにも参戦決定。来年もリリー楽綺団の活躍が楽しみな1年になりそうだ。

これからももっともっと大躍進していくリリー楽綺団

今回、リリー楽綺団のライブは初参戦ではあったものの、かなり充実した一日となった。
音源のようにしっかりと調整されたものを聴くのもいいが、やはりバンドはライブを見てこそだろうと再確認した。
溢れ出るスピード感・力強さ・バンドメンバーの魅力……
やはり生でないと感じることのできないものが沢山ある。
10月24日大阪ライブ、そして次の日10月25日は下北沢でのライブと、とにかく精力的に活動しているリリー楽綺団。
2021年1月9日のAsiaのライブも含め、今後の活動に注目をしていくしかない!
と、リリー楽綺団おっかけ1号は心に決めたのだった。

また、新たに入ってきた情報として
1部2部開催で有観客LIVE+ネット配信LIVE開催である「HATENANDA LIVE × THE STREAM」への出演が決定。
詳しくはリリー楽綺団公式サイトのライブ情報から要チェック!
開催日は11月8日、12時からの部と19時からの部となっている。
2回公演ということで、この日は朝から晩までリリー楽綺団漬け決定だ!

公式HP
リリー楽綺団

公式Twitter
リリー楽綺団
綺更(Vo.) 瑞月(Vo.) るいしゃむ(Dr.)
SAiRah(Key.) natsu(Gt.) コトネ(Ba.)

追伸
次回、秋葉原ベースキャンプにリリー楽器団のあんな話やこんな話も!?

関連記事

リリ団サムネ
必聴!ガールズバンド!!リリー楽綺団-新世代バンドを見逃すな!!古今東西のロックバンドは今も大人気!なかでも、女性メンバーからなるガールズバンドの存在感が増してきているように思える。 かつてのプ...
ABOUT ME
爆熱ハンター
PC、ゲーム、イベント事が好きです。 お肉とかも好きです。 コーギーたんはもーーーっと好きです。