モノ

【配信・実況用マイク】AVerMedia AM133レビュー

前回のHyperX QuadCastのレビューに引き続き、配信・実況用マイク沼からこんにちは!
早速だが今回紹介するマイクはこちら!
AVerMedia製『AM133』
以前から気になっていたのだが、この度ようやく入手する事が出来たので今回はこのAM133のレビューをしていきたいと思う。

【配信・実況用マイク】HyperX QuadCastレビュー久しぶりに沼に突入してしまった。 配信・実況用のマイク沼である。 配信・実況を簡単に行おうと思うとヘッドセットが便利なのだが、音質を...

AVerMedia AM133

AM133は、以前紹介したHDMIキャプチャーボードを販売しているAVerMedia製のコンデンサマイクだ。
ショットガンマイク型を採用しておりマイク形式は単一指向性、PC・スマホ・カメラに接続出来るオールラウンダーな一品だ。
特に使い方は難しくなく、3ピン入力端子を搭載している機器に差し込むだけで使用が出来る。

AVerMedia AM133【開封】

箱の大きさはHyperX QuadCastよりも小さく、大体20cm程度だ。

内容物は
・マイク本体
・ショックマウント
・風防(ウィンドスクリーン)
・マイクスタンド(金属製)
・ケーブル2本(3極・4極)
・マニュアル
となっている。

AVerMedia AM133【外観】

どの機器に繋ぐにも、まずはマイク本体をショックマウントに取り付けなければならない。

卓上マイクとして使用したい場合、同梱のマイクスタンドに取り付ける。

ショックマウントの下部には1/4インチのネジ穴が開いているので、別途三脚を用意して取り付ける事も出来る。


また、ショックマウント下部はシュー形式になっているので、一般的な一眼レフやハンディカムにセットする事も可能だ。

※こちらはウィンドスクリーンを取り付けたAM133の見た目

AM133と機器の接続

AM133は3ピンで機器との接続を行う。

PCやカメラと接続する場合は3極のケーブルを使い、接続したい機器のアナログ入力のジャックにケーブルを挿し込むだけ。
※こちらが分岐無しの3極ケーブル

スマホを使用する場合(スマホで配信を行いたい場合)は4極の分岐ケーブルを使用する。

※スマホへの接続例がこちら

AM133の音質チェック

↓マイクの音質比較動画で音質チェック!

【秋葉原で買える】本当におすすめするゲーミングマイク音質比較オーディオ沼は一度ハマったら帰ってこれない。 まことしやかに噂されるこの話を確かめる為、我々は秋葉原へと飛んだ。 8月・9月と合...

1台で3役こなせる万能マイク

AM133のいい所は1台で3役こなせるという所だ。
PCに繋いで実況用に使うもよし、スマホに繋いで録音するもよし、カメラに繋いで高音質化を狙うもよし。
アレもコレも使いたいな~って思っている人にはお勧め出来る1本である。
本体にマイクミュート機能を有していないので、咄嗟のマイクミュートはアプリ側から行わなければならないが、それを差し引いても1万円程度のマイクの中では抜群のコスパを誇っている。
高音質で多用途に対応出来、値段も安いとなれば買うしかないだろう。

↓その他AVerMedia製品

【AVerMedia】GC553・GC573レビューこれからゲーム実況やゲーム配信を始めたい人にどうしてもおススメしておきたい最強のキャプチャーデバイスがある。 PC向けキャプチャーデバ...

↓ゲーミングデバイスならこちら

秋葉原ゲーミングデバイス販売店おすすめ3選【e-Sports】ゲームに特化したマウスやキーボード、ヘッドセット等の周辺機器を総称して『ゲーミングデバイス』と呼ぶ。 高速操作に対応したマウス、100...
ABOUT ME
Mr.MK
Mr.MK
PC、ゲーム、イベント事が好きです。 お肉とかも好きです。