コンカフェ

【秋葉原コンカフェ】アキバギルドで遊んできた【テーブルゲーム】

Mr.ABCのコンカフェ巡り!!
ただし、普通のコンカフェじゃ面白くない!
もっと尖ったお店に行って見たい!
そんなこんなで次なるお店を求めて秋葉原を散策続行。

まずは夜の秋葉原を歩く自分に問いかける。
お前、今どんな気分だ? 肉か? 魚か?
しばし一考。
倍プッシュだ

勝負に飢えた獣は、同じ目的を持ったフレンズに会いに歩を進めるのであった。

アキバギルドで遊んできた!【秋葉原メイドカジノ】


はい、そうです。
カジノはしごしました。
どれだけゲームに飢えてるんだって話ですよね。はい。

さて、前回紹介したカジノクエスト以外にもアミューズメントカジノが秋葉原にあるのだが、それがここ「アキバギルド」である。
クエストがポーカーに特化した店舗に対して、アキバギルドはより複数のテーブルゲームを遊ぶことができる。
ポーカーはもちろんのこと、日本ではあまり見かけることのないルーレットまで置いてある。

そんなアキバギルドへの行き方だが…
わかりやすく電気街口からの案内を載せておきたいと思う。

電気街口を出たらラジオ会館の前を通りマツモトキヨシを目指す。

そのままベルサール方面へと歩いていくと大黒屋の看板が見えてくる。

大黒屋のビル4階がアキバギルドのお店となっている。

こんな秋葉原の中心地でルーレットやバカラが遊べるなんてすごい時代ですな。
しかもディーラーはメイドさんという…
素晴らしいですな! 本当に素晴らしい!

アキバギルドに潜入!

ビルのエレベーター前にはアキバギルドのパネルがドドンと!

エレベーターで4階に上がり店内へと侵入。
店舗前に吊り下げられていたホワイトボードのをパッと見た時に「昇竜拳コマンドだ…」と思ってしまった。
よく見るとまったく関係ないのだが、格ゲーマーならきっとこの気持ちを分かってくれるだろう。

さて、まずはアキバギルドのシステムについて説明を受ける。
初回のご主人様のみに許されたキャンペーンを適用することによってチェキが撮れたり、チップが$1,000もらえたりするので気軽に初回来店を擦っていこう。

アキバギルドでバカラをプレイ

まずは「名前は知ってるけどプレイしたことのないカードゲームNo1」「名前はよく聞くけどルールがまったくわからないゲームNo3」で有名なバカラをプレイ。
何一つ知識のない状態からの参加だったが、メイドディーラーさんがしっかりと丁寧にルールを教えてくれた。ありがたい。

バカラってどんなゲーム?
ざっくり言ってしまえば「バンカー側とプレイヤー側にカードが配られ、どちらが勝つかを賭けるゲーム」だ。
諸々の条件やルールがあるが、基本的に「配られた2枚のカードの合計が『9』を最強として『8.7.6.5…』の順番に強くなる」というもの。
詳しくはアキバギルドのメイドディーラーさんに聞いてみよう!(ダイマ)

また、ディーラーさんにはバカラのルールだけではなく、バカラの楽しみ方もレクチャーをしてもらった。
その楽しみ方とはこちら!

1、トランプの角の数字を指でおさえてゆっくりとトランプを捲っていく。
※じりじりと捲る

2、捲ったときにマークを確認する

3、縦横でマークを確認しつつ、ドキドキ感を味わったらカードオープン!

カードのマーク配置には法則性があるのがおわかりだろうか?
例えば縦にゆっくりとカードを捲った時に「2つ」マークが見えたとしよう。

2つマークが見えたということは「4~10」までのどれかの数字ということになる。
そしたら次に横からゆっくりとカードを捲っていく。
今度はマークが3つ見えたとしよう、この時点で「6か7か8」のカードが確定する。
こうやって捲るカードがどの数字か時には予想し、時には確定し、そんなドキドキを味わうゲームである。

また、アキバギルドではキメラカードという特殊なカードが存在している。

どんな効果かは君の目で確かめてくれ!!

バンカーとプレイヤーのどちらが勝ったか? それとも引き分けだったかを確認できるボードも置いてあるのでデータ派の筆者でも安心だね!

アキバギルドでルーレットをプレイ

バカラをある程度プレイした後はルーレットの卓へと移動。
基本的に別の卓へは自分でチップを持って移動するので、沢山チップがある人は大変だ。

ルーレットは凄く単純だ。
投げられたボールがどの数字に落ちるかを賭けるだけ。
ただし、賭け方が色々ある為、ここで説明するにはスペースがかなり足りなくなってしまう。
詳しいルールはアキバギルドのHPにも掲載されているので参考にしてほしい。

まずは手持ちのチップをルーレット用のチップへと交換。

1枚が$1になるので$100分を交換すると圧巻だ。
ラスベガスで見るようなチップの山を体験できるので、ちょっと楽しい。

チップが交換できたらゲームへの参加だ。
画像〇で囲ったクリスタルの何か(名称わからない)がテーブルに置かれてる間はチップを賭けることができない。

名称のわからないクリスタルの何かがテーブルから取り除かれ、ボール投入~ベルが鳴るまでの間にそれぞれが好きなところにチップをかけていく。
同卓の方達はルーレットの猛者ばかりで、かなりのスピード感に圧倒されてしまった。

ゲームの流れは下の動画を見てもらうとちょっとわかるのではないだろうか?

本格カジノゲームを手軽の楽しめるアキバギルド

最近、カジノゲームに目覚めつつある筆者はアキバギルドをいたく気に入ってしまった。

特にルーレットが置いてあるところに惹かれてしまい、次回行く時はルーレットを中心に遊びたいと思った。
きちんとまっとうな経営を行っていることを前提に聞いて欲しいのだが、アキバギルドの店内に入った時のイメージが
・何か海外の映画に出てくる非合法の小規模カジノ
っぽい雰囲気が出てて妙にドキドキしたのは内緒である。

ちなみに、”e”のゲーマーはラスベガスと密接な関係にあるので、カジノ系のお店はめっぽう弱いという特徴がある。

店舗名 :アキバギルド
営業時間:平日15:00〜22:00/土日祝12:30〜22:00
電話番号:03-6206-8948
最寄駅 :JR秋葉原駅徒歩5分/東京メトロ銀座線末広町駅徒歩5分
公式HP :こちら

ABOUT ME
Mr.ABC
Mr.ABC
PC、ゲーム、イベント事が好きです。 お肉とかも好きです。