フィギュア

ユニクロンレビュー 圧倒的な大きさのクラファントランスフォーマー

2年ほど前にクラウドファンディングで商品化が決定した大型トランスフォーマーのユニクロンがついに到着!
めんどくさそ~~~~~!!遊びたくね~~~!!という思いを振り払い、開封したのでレビューしていきたいと思います。

秋葉原周辺のユニクロ情報はこちら↓

ユニクロサムネ
秋葉原周辺の3つのユニクロをざっくり比較してみた【ジル・サンダー】秋葉原駅の周辺にはユニクロが2店舗ある。 一つは電気街口のアトレ1の3Fにある「ユニクロ アトレ秋葉原1店」。 もう一つは中央改札口...

トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON ユニクロン レビュー

ユニクロンパッケージ

発売時期 2021年3月下旬
定価 77000円(税込)
発売元 タカラトミー

↓これは古いヤツ

ユニクロンのパッケージ状態

輸送箱1

う~~~~~~んデカイ!!!
こっそり注文していたご家庭をお持ちのユーザーはユニクロン襲来と同時にクインテッサ裁判並みのジャッジを受けた事でしょう。

輸送箱2

一般的なCDと比較してみました。
いや、やっぱデカいって。
箱がデカすぎて部屋の扉を外して運び込みました。

輸送用段ボールを開けると、

またまたダンボール

中からまたダンボールが。
引っこ抜くのは難しいので、輸送用段ボールの底面も開けて押し出すのがベストでしょう。

ユニクロンパッケージ

というわけで出ました。
これがユニクロンのパッケージです。
対象年齢は15歳以上となっていますが、それ以下のお子様がうっかり購入してしまうといった事はまず無いでしょう。

ユニクロンパッケージ裏

背面にはユニクロンの首が。
『2010』のOPで毎回クルクルしてるのが印象的です。

ブックレット
開封するとブックレットが。

説明書表紙
これが取り扱い説明書です。
表紙には箱と同じイラストがあしらわれています。

フルカラー
オールカラーでプレミアム感ありますね。

梱包材
その下には梱包材の発泡スチロールと付属品。
家電かな??

コレを外すといよいよ本体がお目見え!!


う~~~~~~んデカイ!!!
やっぱり遊びたく無ぇええええええ!!

梱包材
ちなみに発泡スチロールにはブリスターがはめ込まれていました。
ベイブレードのスタジアムとして使えそうですね。

とりあえずこれで開封は終了しました。

ユニクロンのセット内容

セット内容はこんな感じです。

セット内容全体像

本体
袋A
袋B
袋C
袋D
袋E
台座
支柱
取扱説明書

セット内容1
袋A、Bにはオービタルリング用のパーツが入っています。
尖ったパーツが多いため、厚手の袋が2重になっていました。
台座はこれだけでボイジャークラス並みの体積がありそうです。

セット内容2
袋Cはユニクロンのトゲパーツ。
袋Dにはネジ穴隠しや表情パーツなど小物類が入っています。
袋Eはユニクロンの頭部。
到着時点で角が袋を突き破っていました。
支柱は本体を支えるだけあって、がっしりとしています。

セット内容3
そして本体。
説明不要なデカさですね…

汚れ1
汚れ2
開封直後の状態で既に所々汚れていますが、そこはまぁ、トランスフォーマークオリティなので……

ユニクロンの組み立て

さて、内容物の確認も済んだので、これらを組み立てていこうと思います。

台座の組み立て

台座
まずは台座ですね。
これだけで並みのロボットTOYよりも大きく、かなりの満足感があります。

固定パーツ
台座パーツにセットした支柱パーツが外れないようにするための補助パーツですが、1度はめ込んでしまうと外すのが困難になってしまうので、”覚悟”をもって取り付けてください。

台座裏
台座の裏には使用していない表情パーツをセットしておくことができます。

ユニクロン本体の組み立て

ユニクロン本体を台座にセットしたら本体の組み立てです。

取説画像
説明書によると角を出したりトゲパーツをセットするために、まずは上部を開けと指示されていますが、開け方が書かれていないため苦戦するかと思います。

ユニクロンの剥き方
本体背面、画像の赤丸で囲った部分に指をかけ、前面に向かってバリバリと剝がしていくイメージでロックを解除することができます。

トゲパーツ
ユニクロン上部を開くことができたら角を出し、トゲパーツをセットしていきます。

トゲパーツ1
トゲパーツはオレンジの部分が軟質パーツになっています。

固定パーツ
固定パーツを取り付けてこちらは完了。
次はオービタルリングです。

オービタルリング
オービタルリングは説明書に従っていけば特に問題なく組み立てられると思いますが、ジョイントを1度はめると再度バラすのが少々難しくなりますので、気を付けましょう。

完成
組みあがったオービタルリングを本体に取り付ければ完成です。

ユニクロン背面
背面はこんな感じ。

角可動1
角を閉じたり、

角可動2
開いたりできます。

口稼働1
また、周りの黄色い部分を回転させると連動して口が開いたり、

口稼働2
閉じたりします。

やっぱり大きいユニクロン

ボルトロンと比較
手近にあった大き目のロボットTOYと並べてみても大きいですね!!
開封してからプラネットモードを完成させるまで小一時間かかっています。
スペース確保のための準備時間を含めると、さらにですね。
変形にもかなり時間がかかるようで…

というわけでロボットモードへの変形は次回またいつか!!

トランスフォームしました!↓

ユニクロン変形編アイきゃち
ユニクロンレビュー 変形編 大きいクラファントランスフォーマークラウドファンディングで発売された「トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON ユニクロン」の開封~プラネットモードのギミッ...
ABOUT ME
anan
オタク系の記事とか書きます。