フィギュア

ユニクロンレビュー 変形編 大きいクラファントランスフォーマー

クラウドファンディングで発売された「トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON ユニクロン」の開封~プラネットモードのギミックまでを以前紹介しましたが、いよいよ今回はロボットモードへの変形をレビューしていきたいと思います!!

プラネットモードのレビューはこちら↓

ユニクロンアイキャッチ
ユニクロンレビュー 圧倒的な大きさのクラファントランスフォーマー2年ほど前にクラウドファンディングで商品化が決定した大型トランスフォーマーのユニクロンがついに到着! めんどくさそ~~~~~!!遊びた...

トランスフォーマー WAR FOR CYBERTRON ユニクロンの変形レビュー

まずは製品情報を軽く振り返ろう。

ユニクロンパッケージ

発売時期 2021年3月下旬
定価 77000円(税込)
発売元 タカラトミー

↓これは10年くらい前のVer.

ユニクロンの変形レビュー

プラネットモード
前回完成させたプラネットモードの状態からスタート!

オービタルリングを外す
まずはオービタルリングを外します。
せっかく、この前苦労して取り付けたのに…

外れました
全部外れました。

上部を開く
次に惑星上部を開いて…

ガワをたたむ
ガワをパタパタと…

ガワをたたむ
畳みます。

下部を開く
下部も同じように…

下部をたたむ
畳みます。

左右たたむ
これを左右行い、画像のような状態になりました。

背面
本体を後ろに向けます。

上のパネルを開く
背面上部のパネルを開きます。

下部も開く
下部パネルも開いて…

2つに割る
2つに割ります。

前を向ける
本体を前に向けます。

下部パネルをたたむ
先ほど2つに割った下部パネルを畳み、前の下部パネル側に移動します。

腕部トゲパーツ
腕部のトゲパーツを下に逃がします。

ツノのパーツ
前側のトゲパーツもロックを外し、大きなツノと一緒に90度動かします。

腕
脚を抱え込んでいる腕パーツを…

腕パーツひらく
開きます。
破損が怖くて泣きそうになりますが、割と力任せに行います。

腕を下に向ける
次に腕を下に向けるよう説明書には書かれていますが肩のクリックがかなり固く、またしても泣きそうになります。

肩がヤバそう
この状態で肩を回転させると赤丸で囲ったパネルに負担がかかり破損する恐れがあると思われるので、上手く腕を逃がしつつパネルを畳んでから肩を回転させた方がいいかと。

腕変形完了
そんなわけで、パネルを畳んで肩を固定して腕の変形が完了。

脚の変形
つぎは脚を変形させます。

脚を開く
脚の固定を外し…

つま先の変形
つま先、かかとをオープン!!

脚を下す
脚を下して…

腰パネル
腰パネルを下げます。
だいぶ形になってきましたね!

前部パネル
前部のパネルを…

背中側へ
基部で回転させ背中側に持っていきます。

背部パネル畳みます
後はパネルを畳みます。

えらいパーツ
畳んだパネルをまとめつつ背中に固定しているのが、赤丸で囲ったパーツです。
このパーツはだいぶエライ!
ユニクロン背面パーツのMVPでしょう。

脚のパネル
あとは、脚のゴチャついたパネルを固定していきます。

出来ました
両脚ともに行います。

いよいよクライマックス
ここまで来たら、いよいよクライマックス!!

手の変形
腕パーツをスライドして手を変形させます。

ヘッドオン
そこらへんに転がしてた頭をヘッドオン!!

オービタルリング
最後にオービタルリングを肩に取り付ければ…

くぅ~疲れましたw これにてトランスフォーム完了です!
話に聞いていた通り、変形に小一時間かかりました。
重量を支えるために固いクリックが多く、破損しないよう気を使うため、かなり体力と精神力を消耗します。
まさに”いのち賭けたトランスフォーム”ですね。

ユニクロン ロボットモードレビュー

口が開く
ロボットモードでは腕や足の可動の他、口が開きます。

ボルトロンと比較
マテルの23インチボルトロンと並べても大きいです。

雑誌を持たせてみた
ボルトロンでは大きさが分かり辛いかもしれないのでA4の雑誌を持たせてみました。
大体のサイズ感が掴めるでしょうか?

マジでデカいぜユニクロン

今回、ロボットモードに変形の後、また箱にしまうため元に戻したのですが、もう2度と遊びたくないという気持ちでいっぱいですね。
それくらい変形がしんどい玩具でした。
ただ、どちらの形態もめちゃくちゃカッコいいですし、所有感もハンパないので飾っておくのにはお勧めです。
アークや自動変形オプティマスも発表され今後もトランスフォーマーはアツそうですね。

ABOUT ME
anan
オタク系の記事とか書きます。