秋葉原にある大型ビジョン大きさランキング!その他サイネージ紹介も

大型ビジョンアイキャッチ

アニメやゲームなど様々なコンテンツで溢れており、なんとなくサイバーな感じもある秋葉原。
そんなイメージの一翼を担っているのが大型ビジョンなのではないだろうか?
UDXやオノデンのビジョンが有名だが、秋葉原にはそれ以外にも大型ビジョンが多数あるのだ。

でも、どのビジョンが一番大きいんだろう??

というとこで今回は秋葉原にある大型ビジョンの大きさを比べてみたぞ!!

秋葉原にある大型ビジョンの大きさランキング

それでは「秋葉原にある大型ビジョンの大きさランキング」チェーケラッ!!!(ラルフ風)

1位 秋葉原UDXビジョン – ラブライブの聖地!?


やっぱり一番大きいのはここ!
秋葉原UDXの大型ビジョン、「秋葉原UDXビジョン」だ!!
人気アニメ「ラブライブ!」に登場したことでも有名な場所となっており、聖地巡りで目の前まで行ったことがある人も多いのではないだろうか?
掲出は1日からできるらしく新商品の告知や新しいサービスなどの宣伝を目的としているようだ。
コロナ禍になる前はアニメコンテンツの新展開発表イベントなども度々行われていた。

サイズ H6.9×W11.9m 82.1㎡
アスペクト比 16:9+バナー領域
音響 あり
料金 5万6千円~
掲出期間 1日~

放映時間 9:00~23:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田4丁目14−1
WEBサイト https://udxvision.net/udx/fee.html

2位 オノデンMXビジョン – 南口から見えるの目印ビジョン


2位となったのは秋葉原オノデン本館ビルの壁面にある「オノデンMXビジョン」。
電気街南口を出て、中央通り側を真っすぐに見た構図はアキバのパブリックイメージのひとつとなっており、駅前で写真を撮っている方も多い。
アニメのPVが流れていることが多いぞ。

サイズ W8.6m×H6.2m 53.9㎡
アスペクト比 16:9+バナー領域
音響 あり
料金 21万円~
掲出期間 7日間~

放映時間 8:00~22:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目2−7
WEBサイト https://oogata-vision.com/vision/tokyo/akihabara_mxtv/index.html

3位 Yodobashi-Vision Akiba – 待ち合わせ場所にあるビジョン


3位は「Yodobashi-Vision Akiba」!
ヨドバシカメラAKIBAの壁面にある大型ビジョンだ。
この場所は待ち合わせにもしやすいので自然と目に入ってしまう。
これもヨドバシカメラの策略か!?

サイズ W9.9m×H3.1m 31.0㎡
アスペクト比 16:9+バナー領域
音響 あり
料金 43万円~
掲出期間 7日間~

放映時間 7:30~22:00
住所 〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1−1
WEBサイト https://www.oogata-vision.com/vision/tokyo/akihabara_yodobashi_v/index.html

4位 AKIBAビックマルチビジョン – 大通りにあるビジョン

ビックビジョン
4位は、ビックカメラAKIBA店の壁面に設置されている「AKIBAビックマルチビジョン」。
中央通りのど真ん中で交差点の信号待ちの際などに目が行きがち。
最近は専らビックカメラのサービス紹介を流している。

サイズ W6.7m×H2.9m 19.4㎡
アスペクト比 16:9
音響 あり
料金 24万円
掲出期間 7日間~

放映時間 8:00~22:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-1−1
WEBサイト https://www.oogata-vision.com/vision/tokyo/akihabara_bicmulti_v/index.html

5位 ラジ館ビジョン – アキバのオタクがターゲット


「ラジ館ビジョン」は秋葉原駅電気街南口を出てすぐ、アキバのシンボルのひとつともいえるラジオ会館にある大型ビジョン。
写真で見るとビジョンよりもその上にある広告の方が目立って見えるが、実際に下から見上げるとこのビジョンもなかなかの存在感。
ゲームやアニメのPVやニューリリース楽曲のCMが流れがち。
アキバの玄関といえるような場所にあるため、馴染みやすいビジョンだ。

サイズ W5.4m×H3.0m 16.5㎡
アスペクト比 16:9
音響 あり
料金 21万円~
掲出期間 7日間~

放映時間 8:00~22:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目15−16
WEBサイト https://oogata-vision.com/vision/tokyo/akihabara_rajikan/index.html

5位 MITSUBA VISION AKIHABARA – 秋津ミツバのビジョン


先の「ラジ館ビジョン」と同率で5位となったのが秋葉原駅昭和通り口から出てすぐのチョムチョム秋葉原にある「MITSUBA VISION AKIHABARA」。
秋葉原おもてなしキャラクター「秋津ミツバ」の名前をもじった特大ビジョンで秋葉原コンテンツに特化している。
他の大型ビジョンと異なり路面にあるので、インパクトは絶大だ!!

サイズ 画面サイズ:5.5×3m 16.5㎡
アスペクト比 16:9
音響 振動スピーカー(ONKYO製)
料金 12万円~
掲出期間 7日間~

放映時間 8:00~22:00
住所 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町1丁目
WEBサイト https://organization.akihabara-japan.com/ja/signage/

7位 セガビジョン秋葉原 – 南口出てすぐ見えるビジョン


秋葉原駅電気街南口を出てすぐ、SEGA秋葉原4号店の壁面に設置されている「セガビジョン秋葉原」。
中央口側から秋葉原東西自由通路を抜けた際、いの一番に目に飛び込んでくるのがこのビジョンだろう。
秋葉原で唯一の縦長ビジョンとなっており、エンタメ系やインバウンドを主なターゲットとしているらしい。

サイズ H5.3m×W3.0m 15.9㎡
アスペクト比 縦型
音響 あり
料金 20万円(15秒×4回/H)
掲出期間 1週間

放映時間 8:00~23:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1-15-9
WEBサイト https://shunkosha.co.jp/dooh-325

8位 アキバビジョン – 渋めな場所にあるビジョン


LAOX秋葉本店の壁面に設置されているのが「アキバビジョン」。
先の「オノデンMXビジョン」の近くにあるのでセットで確認しやすいぞ。
ただ、最近は画面が真っ黒で何も映っていないことが多い。

サイズ H2.9m×W5.1m
アスペクト比 16:9
音響 あり
料金 13万5千円~
掲出期間 7日間~

放映時間 8:00~22:00
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目2−9
WEBサイト https://dooh.jp/vision/0417

秋葉原にあるデジタルサイネージも紹介

せっかくなので秋葉原にあるデジタルサイネージも少しだけ紹介!

J・Dビジョン – 秋葉原駅構内のデジタルサイネージ

JDビジョン
JR秋葉原駅構内にあるデジタルサイネージがこちら。
秋葉原駅を頻繁に利用しているとアニメやソシャゲ情報が自動的に刷り込まれるのは、このデジタルサイネージのおかげだ!
改札ごとに値段が分かれているらしいがデジタルシートセットというものもあり、秋葉原駅構内すべてのデジタルサイネージ+シートを借りることができるらしい。

サイズ H2,400×W6,000×D2,400㎜
料金 5万~
掲出期間 7日間~

東京メトロ – デジタルサイネージ地下鉄にも!?

東京メトロ日比谷線秋葉原駅JR口改札外乗換方面通路にもデジタルサイネージがある。
日比谷線で秋葉原に来る人には馴染みのあるデジタルサイネージだろう。

サイズ H1,800×W4,600㎜
料金 10万
掲出期間 1ヶ月

何気なく目にしているが大型ビジョン多数!!

今回は秋葉原の大型ビジョンの大きさをランキングにしてみた。
皆様のお気に入りのビジョンは何位にランクインしていただろうか?

普段何気なく大型ビジョンを目にしていたが、こうしてみると、

メチャクチャ多いな!!

これらのビジョン広告が秋葉原の光景に華を添えているのは間違いないだろう。
猥雑とした街をあまり良く思われない方も居るかもしれないが、この雑多とした景色がひとつの魅力として観光客の心を掴んでいるのも事実だ。