アキバ

秋葉原にある女装サロンを体験してきた【あきはぶらニュース】

ACZアプリ

秋葉原ならではのお店や秋葉原のちょっと変わったスポットを紹介するコーナー!
タイトルにもあるように、今回は秋葉原にある女装サロンがどんなものか体験してきました。

バ美肉なんて言葉が流行りましたが、バーチャル・リアル・男女問わず人は美しくなりたいものなのです。
そんな願いを叶えてくれるのが今回紹介する女装サロン「Milky」となっています。

↓前回のあきばぶらニュース『秋葉原・変わり種自販機』記事はこちらから

秋葉原で発見!変わり種自販機【あきはぶらニュース】秋葉原ならではのお店や秋葉原のちょっと変わったスポットを紹介するコーナー! 前回はアメコミ・アメトイ専門店を取り上げ、萌系とはまた違っ...

情熱会議内で放映された変わり種自販機動画はこちら

情熱会議の変わり種自販機紹介のアーカイブはこちら

共同企画『あきばぶらニュース』とは

秋葉原に関する様々な情報をお届けする30分一本勝負、いちごアニメーションによる生配信『情熱会議』。
秋葉原の店舗やアキバ系情報を発信するブログ&動画配信『秋葉原ベースキャンプ』。
秋葉原を愛し、秋葉原の街興しを日々行う両者によるコラボ企画!
ブログ・動画・生配信を駆使し秋葉原の『今』をお届けします!

・いちごアニメーション『情熱会議』
公式チャンネル『VLADLOVE OFFICIAL』
公式ツイッター

秋葉原の新情報からホットスポット、そして秋葉原を大いに楽しみ尽くすための情報が盛りだくさん!
あなたも知らない秋葉原の新たな一面が見られるかも????

秋葉原にある女装サロンMilkyとは?


ありそうでなかった、なさそうで存在した。
秋葉原における特異点とも言える『女装ができる』お店。
その名の通り男性が女性へと変身するために訪れ、メイクを施し、女性用の服を着飾る場所。
隠れ家のようにそのお店は存在しており、『月曜から夜ふかし』他、いくつもの番組で紹介されている、界隈では有名なサロンとなっています。

女装サロン「Milky」
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目5-3 白扇ビル 2F
営業時間:11:00~22:00
予約:03-5207-2441
公式HP:https://cosplay.tours/
公式Twitter:女装サロンMilky

女装モデル紹介

今回モデルを担当するのはこちらの彼。

IT企業でアルバイトとして従事しているごく普通の青年K氏です。
お店に行く前に今の心境を聞いてみたところ
心臓バクバクで目の前が真っ暗になってきてます
と言っていました。

大丈夫! そんなに緊張しなくてもスタッフさんがしっかりと可愛くしてくれますよ。

ということで、いざMilkyへ出陣!

女装前にカウンセリング


カウンセリングといっても変なものではなく
・呼ばれたいニックネーム
・普段どんな服装をしているのか
・今日着てみたい衣装は
・どんなイメージの女の子になりたいか
といったものが書かれているので、事前に大体のイメージを決めておくとスムーズにカウンセリングが進むと思います。

衣装選び

まずはメイクの前に衣装選びから。
Milkyに用意されている衣装は300着以上!
ウェディングドレスのような裾を引きずってしまうタイプの衣装以外でしたら、メイク終了後にお散歩も可能となっています。
アニメ系、メイド系、アイドル系、チャイナや着物など様々な衣装が取り揃えられています。

▲衣装の数なんと300着以上!

今回K氏はどのようなスタイルでいくのか…
かなりの数に衣装選定だけでも大仕事。
数ある衣装の中から少しずつ少しずつ候補を絞っていきます。

大量の衣装を前に小一時間悩み、選ばれた衣装がこちら!

メイド服!!
後から気が付きましたが意外とスカート部の丈が短く、膝上まであるもの。
足の毛の処理をしていなかったので今回はニーハイも標準装備となっています。
あ、あとこれは秘密なんですが、しっかりとインナーと言いますかね、下着と言いますかね、ブラも着用いたす予定となりました。

女装サロン店長によるメイク開始!

衣装も決まり、どんな女子になりたいかのイメージも固まったらいよいよメイク開始となります。
今回メイクを担当してくれるのは何とこちらのサロンの店長!
Milky出店依頼、何人もの男子達を女性へと変身させてきたその豪腕、今回も是非に振るって頂きたいと思います。

顔のライン出し

まずはテープを使ってあごやおでこの皮膚を引っ張るように固定します。

これを行うことで顔全体の余計なたるみを無くした上で、フェイスラインを綺麗に見せることができます。
また、今回はウィッグを使用するので専用のネットを先にかぶってからメイクを行います。

顔全体の肌色作り

次に顔全体にメイクを施すための準備をしていきます。
下地、ファンデーション、コンシーラー等を使って肌の色をバシっと決めます。

普段メイクをしないK氏曰く
「顔に何か乗ってる」
「皮膚で呼吸ができない感覚」
とのこと。
普段メイクしない人はやっぱりそう感じますよね。
この段階ですでに世の女性陣に対して尊敬の念が生まれ始めています。

目元周りを更にはっきりと

続いてその人の印象の半分以上を決定付けると言っても過言ではない目の周辺のメイク。
男性女性問わずぱっちりとした目元は多くの人の憧れ、アイシャドウ・アイライナー・カーラーなどを駆使しぱっちりお目々へと近づけていきます。


更に追加で付けまつ毛を装着。

これでもかと言わんばかりの注力をもってK氏の目元はギンギンぱっちりのお目々へと変身したのでした。

女装の要、ウィッグをチョイス

メイクが完了したらウィッグを選んでいきます。
折角非日常の女装を行っているので、今回はガッチガチのカラーウィッグを選択してもらいました。

ピンク!!
普段日常生活をしている上ではほぼ選択しないであろう髪色を、折角だから今日は選んでみませんか?
ということで選ばれたのはピンクのロングでした。

もちろんただウィッグを頭に乗せるだけではなく、しっかりと髪を流し、セットをしていきます。
ツインテール+三編み、可愛い+可愛いで最強の布陣がここに完成。
最後にヘッドドレスを着け、女装の工程はほとんど終了となります。

女装、最終仕上げ

この段階で女装の9割は完了していますが、最後に仕上げをして女装完了となります。

前髪の流しをスプレーで固定。

リップを塗って唇の発色を綺麗に。

マニキュアで手先までしっかりメイク。

オシャレは足元から。衣装に合わせて靴も選びます。

パニエを履いてスカートをふんわりとさせましょう。

これで全てのメイク、着替えが完了しました。

店内で撮影会開催

メイクと着替えが完了したら店内で写真撮影を行います。
今回はカメラを持参していったので、備え付けのライトだけお借りしました。

それでは大変身を遂げたK氏のビフォーアフターを公開!!

ビフォー

アフター

これはあまりにも大変身過ぎますね。
普段見慣れている姿からはかなりかけ離れており、一瞬脳がバグります。

今回の一番のポイントは何といっても「ピンクの髪+メイド服」の王道カラーリングでありながら、王道の素晴らしさを表現しています。

今回、私含めMilkyスタッフ・同行したカメラマン、皆一様に「可愛い」と口から出ていました。
本人も新しい扉を開き、一皮むけたようでなによりです。

女装のまま外に出てお散歩

メイクアップが終了した後、外に出てお散歩をしてきました。
神田明神方面は街灯も少なめでいい感じの光量になっており撮影にはうってつけですね。

これくらいの明るさの方が幻想的な雰囲気が出て映える気がします。

秋葉原で魅惑の女装体験、してみませんか?

今回目の前で大変身するK氏を見ていましたが、メイクというのは凄いものですね。
特に男性は普段からメイクをする習慣がないため、不思議な感覚になったそうです。

Milkyさんに来店するお客さんはメイクしたままコンカフェに遊びにいく方もいるらしく
・女装をする
・撮影をする
以外にも楽しみ方は多々あります。

利用層も様々な年代がいるとのことで、世の男性陣の多くは女子への変身願望が強いのかも知れませんね。
最初にも書いたように、バーチャル上で女性の肉体を得るだけでなく、リアル世界でも美少女になるという文化が芽生えつつあるのかもしれません。
もし女装に興味のある方は、秋葉原にある女装サロンMilkyさんに行ってみてはいかがでしょうか?

女装サロン「Milky」
〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目5-3 白扇ビル 2F
営業時間:11:00~22:00
予約:03-5207-2441
公式HP:https://cosplay.tours/
公式Twitter:女装サロンMilky

ABOUT ME
あんどー水樹
PC、ゲーム、イベント事が好きです。 お肉とかも好きです。 コーギーたんはもーーーっと好きです。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です