steam

2021年Steamウィンターセールおすすめのゲームはこちら!

夏よりも熱い冬。それがSteamウィンターセール。
2021年も超大作からインディー良ゲーまで豊作でした。

・個人的超おすすめ作品
・値引き率が高い名作
・サマーセール以降に発売され、値引き率が低かった
上記のタイトルを中心におすすめのゲームを紹介します。

↓2021年サマーセールおすすめ記事はこちら

2021年Steamサマーセールで買っておきたいおすすめタイトルまた今年も熱い夏がやってくる! 毎年恒例、年2回のSteam大型セールの片割れ、夏の風物詩… 遂にサマーセールの時期が目前に迫ってい...

↓2020年ウィンターセールおすすめ記事はこちら

2020年Steamウィンターセール1万円おすすめゲームレビュー前回、「2020年ウィンターセールで買いたいおすすめゲーム7選」を紹介したのだが、中々好評でして嬉しい限りです。 おすすめのゲームはウ...
目次
  1. 2021年Steamウィンターセール開催期間(時間は日本時間)
  2. 2021年Steamウィンターセールおすすめゲーム
  3. SteamおすすめRPG
  4. Steamおすすめシューティング【FPS含む】
  5. Steamおすすめアクション
  6. Steamおすすめローグライク
  7. Steamおすすめアドベンチャー
  8. Steamおすすめシミュレーション
  9. 残念ながらセール対象外。今後に期待!
  10. Steamゲームはバベルの如く積んでいこう!

2021年Steamウィンターセール開催期間(時間は日本時間)

2021年12月23日3:00~2022年1月6日3:00(見込み)
今年からSteam公式がセール期間を発表するようになりました。
終了時間の発表はありませんでしたが、例年通りであれば深夜3時の予定と予想されます。

セール期間中は次々とおすすめゲームを更新していくぞ!!

2021年Steamウィンターセールおすすめゲーム

以下おすすめゲームを紹介していきます。
おすすめゲームの情報は2021年12月23日現在の情報となっております。

ルール!
・実際に購入しているもの!
・2時間以上プレイしているもの!(返金対象外)
・忖度無しに本音で語る!
・クリエイターには敬意をもって!
以上!

SteamおすすめRPG

SCARLET NEXUS【定価¥9,620→¥5,863(-35%)】

▲何回目の紹介やねん!って突っ込みはご容赦を…

上半期おすすめゲームでも紹介した一本。
そんなにおすすめなのかよ!
って言われるかも知れませんがここ最近のアクションRPGで一番まであります。
“脳”力バトルという触れ込みにあるように、特殊な力が日常化した世界で怪異と呼ばれるモンスター的な化け物的なものと日夜戦う特殊部隊となる、そんなゲームです。
登場キャラクターは幼馴染元気少女、年上ショタ、ムキムキマッチョマン、浪川大輔から堀江由衣と多種多様に揃えております。
大体が上流階級家系に所属していたりオリジナル世界観が強過ぎるので感情移入がしにくいと思いますが、許容範囲…なのかな?

▲私イチオシのキャラは複製脳力持ちで母性溢れるキョウカさん。

細かい部分で気になるところはありますが、全体的によく出来た作品となっています。
性別違いのダブル主人公となっているので最低でも2週は楽しめますし、周回プレイにも対応しているのでやり込みも出来るように設計されています。

▲ユイト編(♂)カサネ編(♀)どちらからプレイしてもOK!

2021年12月23日現在
最近のレビュー:非常に好評(590)
全てのレビュー:非常に好評(6,658)

RESONANCE OF FATE™/END OF ETERNITY™ 4K/HD EDITION【¥3,996→¥2,397】


タイトルが長いね!!
知る人ぞ知るPS3の有名なタイトル、END OF ETERNITYが4Kに対応してSteamで登場しました。
tri-AceのRPGと言えば常に評価が高いことで有名ですが、システムが複雑ながらも今作もしっかりと楽しめるRPGとなっています。
戦闘はとにかくスタイリッシュ。
主人公たちが飛んで跳ねて回って銃をぶっ放します。

▲リーンベル、このゲームをプレイした人全員が彼女に恋をしてしまう…

戦闘もストーリーも素晴らしいのですが、戦闘にちょっとクセがあります。
スクラッチ…? ダイレクト…? れ、れぞなんす? 専門用語ばりばりですね。
早い話
・スクラッチダメージ(青ダメージ)をどんだけ当てても敵は倒せません。ダイレクトダメージ(オレンジ(赤)ダメージ)を叩き込みましょう
・マシンガンはスクラッチダメージを大きく与えれます。ハンドガンはダイレクトダメージを与えられますがダメージが低いです
これらを使い分けて弾丸と薬莢の雨を降らせよう!!

そしてとにかくキャラが濃いのが特徴。
主人公たち3人もそうだが、ボイスのついているNPCの殆どが一度見たら忘れられないほどのインパクトを持っています。
基本的に真面目というかダークなストーリー展開をしていくのだが、ちょいちょいギャグ要素も入ってくるので全体的には明るいかな?な感じ。
色々と最適化が進んではいるがまだまだな部分も多い。しかしそれを差し引いてもEOEがPCで出来るのはありがたいことである。

2021年12月24日現在
全てのレビュー:非常に好評(601)

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ【¥8,489→¥4,664(-45%)】


PVを見る感じ無双系アクションと思いそうですが、どちらかと言えばRPG寄りのアクションになっています。
また、PS4で登場したペルソナ5の完全な続編なので、当たり前のようにプレイしている前提で話が進んでいきます。
自分自身はRまでプレイしているのでまったく違和感がないどころか、あの本編の後日談(続編)が見れるというだけでテンションが上がりました。
ペルソナ4に対するP4Uみたいなものですね。
ペルソナ5プレイ済みの人ならゲーム開始からエモエモのエモを感じることでしょう。

▲物語は主人公がルブランに訪れるところから始まる。エモい絵。
▲そ、そーじろー…お前…エモいやんけ

戦闘自体はシンボルエンカウント式の無双アクションとなっており、キャラ毎のアクションをしっかりとペルソナ5感に落とし込んでいる。
本体とペルソナの攻撃もしっかりと分けられており、主人公だけが行えるペルソナチェンジももちろん使用できる!

▲簡単操作でド派手なバトル!とはこういうものを言うのです!

ペルソナ5で存在した1More、バトンタッチ、総攻撃といったシステムや、ベルベットルームでの悪魔合体などもしっかりと組み込まれているぞ!

▲全キャラ使用可能というファン感涙もの!これは素晴らしい

無双系ということで少し敬遠していた部分がありましたが、いざプレイしてみると「なんで今までプレイしていなかったんだ」と後悔するほどでした。
まだ購入を迷っているあなた! ペルソナ5を十分に楽しめたなら確実に今作品を楽しめると思います。

2021年12月29日現在
最近のレビュー:非常に好評(311)
全てのレビュー:非常に好評(6,939)

Steamおすすめシューティング【FPS含む】

Back 4 Blood【¥8,580→¥5,148(-40%)】


こちらも「Steamウィンターセール2021で買っておきたいおすすめゲーム」で紹介した一本。
10月発売の新作ながら値引き率は40%とそこそこ高くなっています。
L4Dの流れを汲む協力型FPSゾンビサバイバルうんぬんかんぬん。
L4D以上の美麗グラフィックでクリーチャーの大群が押し寄せてきます。

▲おっさんも美麗グラで描かれ、かっこよさ倍増!

前作が人気過ぎた為か発売前から非常に高い期待度となっていました。
何だかんだ世界中のみんなはこんなゲームを待っていたんだね。
かく言う私もその一人でございます。
対戦系のゲームも楽しいけど、やっぱり協力プレイの方が好みなんでおすすめしております!

▲フレンドがいなくてもBOTが参加してくれるぞ!(寂しい)

2021年12月23日現在
最近のレビュー:やや好評(5,583)
全てのレビュー:賛否両論(22,386)

Deathsmiles【¥2,016→¥705(-65%)】


CAVEと言えばシューティングゲーム界では知らぬ者はいないほどの製作会社。
弾幕ゲーを世に浸透させた第一人者でもあります。
今作はよりシューター初心者に向けた作品となっており、今までのCAVE作品とはちょっと趣が違っています。

▲自機を戦闘機から親しみやすい女性キャラへ!

こちらの作品、横スクロールのシューティングとなっており、自機のパワーアップというものはありません。
地面に当たることによる自爆も無ければ自機の当たり判定も米粒程度となっており、尚且つそれが見えています。

▲キャラクターの中心、ハートマークに当たらなければミスにならない

ノーマル程度ならそこまで難しくないため、コンティニューしながらプレイすればワンコインクリアもできるようになるでしょう。
弾幕もそこそこ控えめなため、シューティング入門には向いているタイトルとなっています。
左右の撃ち分けが若干難しいシステムになると思いますがプレイしていくうちにすぐに慣れると思いますので、できればアケコンを用意してゲーセン感覚で楽しんでほしいですね。

2021年12月23日現在
全てのレビュー:非常に好評(387)

Titanfall®2【¥3,000→¥480(-84%)】


PS4版・Origin版共にプレイ済みですが、更にSteam版でも購入してしまいました。
こちら、Steam版Titanfall®2、購入とダウンロードはSteamで行ってもプレイするのにOriginアカウントが必要になります。
APEXとかプレイしている人ならそのままのアカウントが使えますね。
ちなみにTitanfallのその後の世界がAPEXになっているので、両作品をプレイしていると「これ見たことあるな!」なものが沢山出てきます。

▲新人パイロットのクーパーとタイタン(ロボ)が織りなすストーリーは必見

Titanfall®2の特徴的なシステムとしてはタイタンと呼ばれる巨大ロボットを操縦できる点。
多数の銃器と共に、多数のタイタンが登場します。

▲キャンペーンではBTというタイタンと共に戦場を駆け抜けていく。
▲BTとの受け答えによって会話内容も若干変化するぞ

Titanfall®2発売当時は対人戦を積極的に行っていましたが、ある時ふとキャンペーンが気になってプレイをしたらもうドハマりしてしましました。
今作においては対人戦の方よりもキャンペーンをごり押ししたいと思います。
厄介オタクになりすぎてどこから語ればいいかわからなくなってるのでただ一言。
信じて!
キャンペンだけでもいいからプレイして! お願い!

2021年12月26日現在
最近のレビュー:非常に好評(3,534)
全てのレビュー:非常に好評(80,367)

Steamおすすめアクション

AKIBA’S TRIP ファーストメモリー【¥3,960→¥2,574(-35%)】


舞台は2011年の秋葉原。PSPで発売されたAKIBA’S TRIPのリマスター作品となっています。
丁度10年前の秋葉原。2021年の秋葉原と比べたらかなり様変わりしているように映りますね。
ゲーム用にある程度簡略化されていますが、きっちりと抑えるところは抑えており
あぁ、そういえばこんなんだったなー
と懐かしさを覚えます。

▲新ラジオ会館がなかったり、ボークスビルがなかったり…時代ですね

さて、このAKIBA’S TRIPですが、通称「オタクが如く」と呼ばれておりまして(多分)
皆もよく知る秋葉原を舞台に、日本の特殊組織やら秋葉原事件団と共に吸血鬼みたいなヤツら・カゲヤシと戦うこととなります。
歌舞伎町(神室町)ではなく秋葉原というところがミソ!
敵を倒すにはカゲヤシの弱点である日光を全身に浴びさせるため、敵の服を脱がす必要があります。
はい、バカゲーですね。

▲まともな神経してたらエウリアンという名前のNPCは配置しないでしょう

悔しいことにイラストは綺麗だったり、超豪華フルボイスだったりと、変に力が入ってる始末。
ロードの間には秋葉原の名所紹介が挟まったりしていて、意外と完成度が高いと思わせてきます。

▲この紹介を見ればあなたも秋葉原博士に!!

と、作り手のこだわりを感じながらもNPCはモデリングやボイスが同じというよくわからない感じ。
若干SIMPLEシリーズのにおいを感じますね。

▲序盤で登場するヘッドホン3兄弟。本当の兄弟ではない。

何だかんだ書いていますが、愛すべきバカゲーという位置づけの本作。
いや、バカゲーの皮を被った「ゲーム」としての楽しさを内包したAKIBA’S TRIP ファーストメモリー、2021年発売でこのお値段は「買い」ですね。

2021年12月23日現在
最近のレビュー:非常に好評(10)
全てのレビュー:非常に好評(68)

GRIS【¥1730→¥432(-75%)】


ある日空の上で目覚めた少女は大地へと降り落ちる。
幻想的な世界とBGMの中、様々な情景を背景にしつつ、少女を先へと進ませていきます。
パズルベースのアクションゲームとなっており、まずは光る球を探してマップを探索していきます。

▲入手した玉は少女に付き添い飛んできます。まずはこの玉を探そう

世界はとにかく美しい。
水彩画のように溶け合う色の世界を眺めながら様々なギミックを突破していきます。
物語序盤でかなりの長い距離の坂を滑り落ちながらカメラがズームアウトする場面を見たとき、おおよそプレイヤーはこのゲームの虜になってしまうでしょう

▲コントラストの強調で世界と少女をうまく表現している一幕。

芸術というものをゲームに落とし込んだものを「GRIS」と呼称するのでしょう。
このゲームの雰囲気や素晴らしさを表現する言葉を持ち合わせていない自分が歯がゆいです。
以前紹介したアンリアルライフが刺さった人には手放しでおすすめできるでしょう

2021年12月25日現在
最近のレビュー:圧倒的に好評(1,947)
全てのレビュー:圧倒的に好評(42,304)

KAMIKO【¥520→¥312(−40%)】


見下ろし型ドット絵のゼルダっぽい何か。
神より与えられし神器を使い、行く手を阻む天魔を撃破しながらステージのギミックを解いていくアクションゲームです。
初期から使用できるキャラは3人。
武器も攻撃方法も違うので、選んだキャラによって攻略が変化します。
※謎解き自体が変化するわけではない

▲やっぱり私はタイトルにも登場しているヤマトちゃん!!

操作自体は簡単で
・攻撃
・溜め攻撃
・ダッシュ
の3種類となっています。

▲シンプル操作ながら飽きのこない作りとなっています

奥深いシステムや美麗グラフィックが必ずしもゲームの面白さに直結するわけでないと教えてくれる今作品。
シンプルだからこそストレスなくプレイができるというのはそれだけで良作と言えるのではないでしょうか?
通常時でもほぼワンコインで購入できますし、コスパ換算してもかなり高い作品になっています。

2021年12月28日現在
全てのレビュー:非常に好評(108)

Fight’N Rage【¥1,980→¥594(-70%)】


ドットで描かれたおっぱいばるんばるんちゃんがファイナルファイトするベルトスクロールアクション!
※おっぱいちゃん以外にもプレイヤーキャラはいます




どれだけぶるんぶるんかは君の目で確かめてくれ!!

2021年12月28日現在
最近のレビュー:非常に好評(30)
全てのレビュー:非常に好評(1,664)

Steamおすすめローグライク

メタリックチャイルド【¥2,980→¥2,533(-15%)】


SMASHING THE BATTLEを開発した「STUDIO HG」最新作メタリックチャイルド。
こちらはPS4やSwitchでのマルチ展開を行うローグライクアクションとなっています。
特筆すべきはロナをはじめとした登場キャラが可愛いこと。これだけでフルプライスは余裕ですよ!

▲小さな少女に巨大な武器。最強以外になんと例える!?

戦闘はクォータービュー・斜め見降ろし視点型で、SMASHING THE BATTLEよりもカメラが遠くなったからか、キャラが小さくなったからなのか、視認性はそこそこ上がっている。
キャラクターもキビキビ動く上にスキル等を使うとド派手なエフェクトも出るのでアクションゲームとしてもプレイしていて気持ちいい。

▲使用できるシステムは多いが、とりあえず避けて殴って敵を倒せばいいのだ!

チュートリアルの段階で説明が冗長かなー? 最初からいきなりシステムが多いなー?
なんて思うこともありますが、あまりにも可愛いロナちゃんをを動かせるだけで神ゲーなのでは??

2021年12月23日現在
最近のレビュー:非常に好評(59)
全てのレビュー:非常に好評 (835)

ビビッドナイト【¥1,520→¥1,216(-20%)】


Steam界で急速に成長しているジャンル、ローグライク+デッキ構築。
ローグライクもカードゲームも繰り返し遊ぶのに向いてるなら合わせちゃえばいいじゃない!
なんて思って作っているわけではないと思うが、ゲーム数もそこそこに増えてきており、今後もますます期待大なジャンルとなっています。
そんなローグライクデッキ構築のジャンルですが、こちらのビビッドナイトは日本製のタイトルとなっています。
スマホゲーライクなグラフィックで可愛いチビキャラたちが画面内で動き回ります!
もちろんボイスも収録!

▲戦闘はオートで進行。1ターンに1枚のみ画面下段のスキルが使用できる

宝石になってしまった仲間を集めてパーティーを編成、ダンジョン攻略を目指し地下に進んでいきます。
入手できる装備や宝石にはランダム性があり、特定の誰かや装備だけを持って攻略するのではなく、毎回ダンジョンに潜るたびに取るべき戦略が変わってきます。
また、ダンジョン内やダンジョンクリア後に入手できる輝石を使用してガチャを行えば、更に新たな宝石を出現させることも可能!

▲装備や仲間、スキルがガチャから出現。何を選ぶか迷う!

1回のプレイ自体はそこまで長くありませんが、パーティー編成やスタミナ、キーン(お金)に頭を悩ませることも多く、やり応えはばっちりあります。

2021年12月24日現在
最近のレビュー:非常に好評(55)
全てのレビュー:非常に好評(1,115)

Blade Evolution【¥1,849→¥1,380(-25%)】


タイトルの表記ゆれが発生しているこの作品!
正式名称はBlade Evolutionなのかい? Blade ASSALTなのかい!?
というのはさておいて、最近では珍しくなくなった2D横スクロールアクション+ローグライクの今作。
メトロイドヴァニアは踏襲しておらず、エリア毎の敵を撃破しつつ現れた次ステージの扉を選択しながら進んでいくワンエリア攻略型。

▲迫りくる敵を蹴散らしつつ、自身を強化してさらに敵を倒しまくれ!

次エリアに入る際にはある程度スキルの選択を行うことができます。
例えば炎系のスキルを強化する部屋にいくのか、体力やエネルギーを強化する部屋に入るのか、その場その場の選択で自キャラの育成方向が変わっていきます。
このシステムは最近だとHadesが有名ですね。
それぞれの通貨を使用してキャラの育成や開放、武器の強化も行っていおくので、最初の方は限りあるリソースを上手く使いこなしてゲームを進めていくことになります。

▲素の状態のキャラはそれこそ非力。まずはコツコツとキャラクターを成長させよう。

使用キャラのアンロックは好感度を上げてから。
早くダルシーでプレイしたいのですが、このキューブが一向に見つかりません。
っていうか1面すらクリアできない感じです。まだ強化が足りてないのが明白なんですが…

▲黒髪クール刀っ娘ちゃん。属性もっと盛ってこ!

PVを見た感じキャラクターもキビキビ動いてスタイリッシュ感に溢れ、エフェクトも派手で気持ちよく動いてくれそうでした。
その感想はドンピシャ! キャラを動かしててとても楽しく気持ちのいい作品となっています。
リプレイ性も高く、ローグライク要素もしっかりと作り込まれているので、お値段以上にしっかりと楽しめる作品になってます。

2021年12月28日現在
最近のレビュー:非常に好評(31)
全てのレビュー:非常に好評(648)

Hades【¥2,570→¥1,670(-35%)】


Hadesっぽいシステムのゲームを紹介したからには、もちろんHades自身も紹介しないといけませんね。
全てのレビューを通して圧倒的に好評という評価を得ている作品となっています。
変に突拍子もないシステムや武器、スキル等を盛り込んでおらず、しっかりと良作としてまとまっている印象。
ローグライクの常と言いますか、とにかくはじめは死が身近なものになっており、リプレイ性は高いと感じます。

▲お値段に対してゲームの出来は最高。グラフィックにも眼を見張るものがある。

最初からある程度アクションも使えますし、ちょっと進めるだけで武器種も増えていくのでダルいという場面がかなり少なく感じます。
キャラクターも魅力的ですし、そんな魅力的なキャラクターを攻略できるとなるとそりゃもうテンションも上がります。
が、イラストが結構な洋風なのでそこだけは人を選ぶかも知れません…

▲比較的日本人好みであろうキャラでもこんな感じ。結構濃い目。

なんだかんだローグライクは最低でも繰り返しプレイにストレスがない(少ない)ものほど好印象となっていきます。
その点このHadesはストレスを感じる部分を潰しながら制作されてるんだろうなと感じ好印象を受けます。
よく聞く話ですが「絵柄がちょっと気になる」くらいで躊躇しているなら買ってしまった方が絶対に幸せになれます。
定価で購入しても楽々元が取れると思いますので、迷ってるなら是非!

2021年12月28日現在
最近のレビュー:圧倒的に好評(4,526)
全てのレビュー:圧倒的に好評(159,239)

Steamおすすめアドベンチャー

Timelie【¥1,840→¥920(-50%)】


Steamページを見るとタグの方に「アドベンチャー」「ストラテジー」と入っているが、パズル的要素の強いアドベンチャーかな?
と自分は感じました。
謎の部屋で目覚めた少女に備わっていた不思議な力。
それは時間を操る能力でした。

▲底の見えない奈落と無機質な部屋で目覚める少女

動画や音楽プレイヤーのようなシークバーを動かしながら未来を垣間見、エリアごとに仕掛けられたギミックを解きながら看守のような機械に捕まることなく部屋からの脱出を試みます。
形のポイントが右へ移動することで画面全体の時間が進み、看守の行動予測が立てられます。
床はクリックすることで少女をその地点まで移動させることができますが、移動速度は速くありません。
看守に捕まるとミスになりますが、時間を巻き戻すことができるので死亡といった結果にはなりません。

▲看守の視界はライト形式で目視可能

看守の移動速度はそこそこ速いため、見つかる=攻略ミスと思った方がいいでしょう。
進め方さえ解ってしまえば「なーんだ」となるようなゲームですが、結構移動距離などがギリギリに設定されているため、初見ではかなり観察をしないとクリアは難しいでしょう。
私はパズル系が苦手なため、1エリアクリアするだけでも結構時間を費やしました。
全体的に不思議で幻想的な雰囲気。BGMも環境音のような、ヒーリングミュージックのようなループものになっており、気を抜くとちょっと眠くなってしまいますね。

2021年12月23日現在
最近のレビュー:非常に好評(42)
全てのレビュー:圧倒的に好評(1,277)

迷路探偵ピエール:ラビリンス・シティ【¥1,220→¥915(-25%)】


我々の世代では馴染みが薄いかもしれませんが、こちらのゲームの原作は『迷路絵本』と呼ばれる作品となっています。
古きはウォーリーを探せのような、背景やキャラが書き込まれたページの中で誰かを探すというようなジャンルになっています。

▲最終的にはそのステージの最重要人物まで辿り着ければOK

ゲーム目的は物凄く簡単で、ステージごとに設定されたキャラクターを迷路のように作られた街(ラビリンスシティ)から探し出すというもの。
ピエールを操作してマップの進めそうな所を探索しながら先を進んでいきます。
基本的に画面に描かれている通りの当たり判定となっており、人や物を通過することはできません。

▲人、人、人、物、物、物
▲様々な視点から迷路探偵ピエールの世界を表現!

絵本の世界そのままに迷路探偵ピエールの世界を表現しているこのタイトル。
操作も移動と決定くらいしかないので、普段ゲームをやらない人や家族全員で楽しめるタイトルとなっています。
街の人々の動きを眺めてるだけでも楽しいですよ!

2021年12月25日現在
最近のレビュー:圧倒的に好評(196)
全てのレビュー:圧倒的に好評(1,057)

Steamおすすめシミュレーション

Timberborn【¥2,570→¥2,056(-20%)】


ビーバーが木を切る!
ビーバーが水を汲む!
ビーバーがブルベリーを収穫する!?
街づくり+育成が合わさったようなビーバーたちのコロニーシミュレーションです。

▲ゲーム開始時に選べるビーバーは1種類のみ。何とも海外的な顔をしてますね。

そもそも何でビーバーが街づくりを行うのか。
ほぼ陸上でビーバーが活動しているのはなぜか。
問うのはナンセンスです。
資材を集め、水を貯蔵し、畑を耕して住居を整える。
干ばつに備えてアレコレ準備をする。
今まであるような無かったコンセプトの作品となっています。

▲チュートリアルも完備しているので建国系が初めての人でも安心!

しかしながらチュートリアルも完璧とは言えず、更にゲーム自体のスピードも若干ゆっくりなので短時間でサクっとプレイするものではないでしょう。
じっくりと腰を据えて「ビーバーお前! 今日も働いてるなぁ!」とワラワラ動くビーバーたちを眺めるのがオツってものですね。

2021年12月23日現在
最近のレビュー:圧倒的に好評(1,926)
全てのレビュー:圧倒的に好評(7,609)

アイドルマネージャー【¥1,980→¥1,584(-20%)】


秋葉原PによるSUPER KAWAIIプロジェクト始動!
アイドルのプロデューサーとなって事務所を盛り上げていく!
そんなゲームは多々あれど、比較的にリアル寄りな作品になっている。
オーディションを行い、ダンスレッスンやボーカルレッスンをし、CDを作り、プロモーションを行いながらしっかりと利益も出さなければならない。
アイドル育成と経営を一緒にやっていくような感じとなっています。

▲ビルのフロアに諸々の施設を設立し、芸能事務所を強化していこう

資金が無ければ何もできなくなってくるので資金調達を意識しなければならないが、そのためにはアイドルたちの知名度を上げて仕事をこなしてもらわなければならない。
しかし、人は仕事ばかりしていると疲労も溜まるしストレスも溜まる、この辺りのケアも大事になってくる。
もちろん雇っている人間の給料も発生するので、とにかく最初のころは拝金主義になってくるでしょう。
でも、現実はその辺りをクリアする人が必要になってくるわけで…
我がアイドルユニット・SUPER KAWAIIも私の手腕によって未来が決まってしまうのです。

▲心身ともに苦労を重ねて育成したアイドルたちが人気になるならば…

2021年12月23日現在
最近のレビュー:圧倒的に好評(413)
全てのレビュー:非常に好評(2,115)

天穂のサクナヒメ【¥5,478→¥3,286(-40%)】


あのRTA in Japanでも大人気だった天穂のサクナヒメもセール対象となっています。
稲作とアクションをうまく組み合わせた本作ですが、「攻略wikiが農林水産省のHP」と言われているほど可愛い見た目からは想像できないほど渋いシステムを採用しています。

▲この画像一枚だけでも稲作へのこだわりがにじみ出ている

Steam上でのタグには「農場シミュレーション」と表記されていますが、同じジャンルの中で有名なタイトル「Farming Simulator」とはかなり毛色は異なっています。
アクションゲームとしてもしっかりと作り込まれており、強弱の通常攻撃の他に武技と呼ばれるスキル、羽衣アクションを使い分けて戦闘を行います。
まったくもってもっさりしておらず、2D版DMCといった印象を受けるほどスタイリッシュでハイスピードアクションでした。

▲地上、空中問わずスタイリッシュなアクションが爽快!

食事の描写が上手い漫画は面白い説に合わせて、私は「ゲーム上の食事表現が上手いゲームは面白い」説も推したいと思っています。
入手した食材の組み合わせで様々な食事を摂ることができるのですが、この食事によってもサクナヒメを強化することができ、更にはNPC達との会話も楽しめます。

▲食材が少ない内は質素な食事しか作れないのが妙にリアル

ゲームの面白さはこういうものなんだよなぁと強く感じさせられました。
まだまだ序盤で米作って島を開拓している最中なのですが、開始1時間もしない内に
「このゲーム、もしや神ゲーでは?(女神ゲー)」
と感じました。
これはもう、激推しですね!

2021年12月29日現在
最近のレビュー:非常に好評(95)
全てのレビュー:非常に好評(2,915)

残念ながらセール対象外。今後に期待!

零~濡鴉ノ巫女~【¥5,280】

▲これ、これを長年待っていたんですよ…ありがたやー!(ホラゲです)

シリーズ往年のファンなので厄介オタクになってしまう作品。
こちら、前回書いた「Steamウィンターセール2021で買っておきたいおすすめゲーム」でも紹介しました。
しかしながら、本当に好きなシリーズなので再プッシュさせていただきます!
任天堂に権利が譲渡されつつも、Steamで奇跡的に販売された一本となっています。
今作では「濡れ」という文字が入っているように「水」の表現が秀逸。

▲肌に張り付く衣服がもう何とも…何とも…

原作はWiiU版。
WiiUタブレットを縦にしたり横にしたり振り回しながらプレイをしてましたが、そこはもちろんSteam版。
横撮影も縦撮影もしっかりとWiiUから変更してくれています。

▲射影機の縦撮影もボタンひとつで対応! 神対応!(仏さん)

何よりも零がSteamに来たことでパワーアップしたのがグラフィック面。
不気味な森の遊歩道から薄暗い屋内、上でも述べたような水の表現までとにかく美麗になっています。
また、オリジナル版では30fpsだった描画速度も60fpsへと向上。
美麗キャラ、表現力の上がったホラー表現、ヌルヌル動くゲーム画面と、これが私が求めていた零なんだ…と感じたタイトルとなっています。

▲これが零スタイルの完成形と言っても過言ではない濡鴉ノ巫女!

021年12月23日現在
最近のレビュー:非常に好評(520)
全てのレビュー:やや好評(3,119)

Transiruby【¥1,500】


今年一番発売を楽しみにしていたTransirubyだが、残念なことにウィンターセールからは対象外となってしまった。
発売時期が時期だけに仕方ないのだが、もちろんこちらも購入させて頂きました。
こちらのタイトル、好きな人は見ただけでわかる、上で紹介した神巫女と同じ製作者が手掛けた作品となっています。
相変わらずキャラクターや背景、敵キャラのドット絵(特に立ち絵)がクリティカルに刺さってくる作品となっています。

▲ゲーム中に登場するキャラは誰も彼も魅力的

ゲーム内容はメトロイドヴァニア風のアクションゲームとなっており、探索・戦闘・謎解きを通して新たな能力を手に入れながらステージの先を目指していきます。
理不尽な難易度にはなっておらず、しっかりとマップ全体を探索していけばおのずと作に進めるようなレベルデザインとなっています。
シルビィの攻撃も比較的範囲が広く、戦闘自体もシビアにはなりにくいです。

▲最初から近距離・遠距離両方の攻撃を持っている

神巫女と同じく、操作自体はシンプルで複雑なシステムは搭載されていません。
謎解きもそこまで難しいものは存在しておらず、比較的ゆったりとゲームを進めることができます。
メトロイドヴァニア感は感じつつも、ゲームの世界に入った瞬間から広いマップに放り出されるわけでもないので、結構気軽にプレイができるようになっています。
何よりシルビィが可愛いよね…

2021年12月28日現在
全てのレビュー:好評(49)

Steamゲームはバベルの如く積んでいこう!

まずは小手調べ。
ウィンターセール開始から12時間ちょっと経った時点でのABC的おすすめゲームを紹介しました。
もう既に入手してる方も、まだ持ってないよ! 遊んでないよ!という方も。
一度本日上げたタイトルをチェックしてみてはどうでしょうか?

ABOUT ME
爆熱ハンター
PC、ゲーム、イベント事が好きです。 お肉とかも好きです。 コーギーたんはもーーーっと好きです。