イベント

映画刀剣乱舞大展覧会に行ってきた

映画刀剣乱舞大展覧会のサムネ

審神者の皆さん!!映画観ましたか?
私は観ました。
ネタバレ見ずに行けって言ってた意味が分かった。
あの驚きを体感してほしい…

この記事はネタバレ考慮しないので、観てない人はよく考えてからご覧ください。


3回目の映画を見た後、東京ドームシティGallery AaMoで開催されていた「映画刀剣乱舞 大展覧会」に行ってきた。

入場時に入場特典の小冊子を渡され、「今から入る一つ目の部屋と最後の部屋の一部は撮影禁止」と注意事項を言い渡された。

早速一つ目の部屋に入る。
とそこには、映画で刀剣男士たちが出陣する際に利用していた、四方をこんのすけ像に囲まれた魔方陣的なあれが再現してあった。

なるほど、私たちはこれから出陣するのか

三日月のセリフの後、わずかに風が吹き次の部屋に進む。

出陣した先には、映画撮影に使用されていた刀剣男士たちの衣装が展示されていた。



薬研藤四郎
いつぞやの2.5カフェでも思ったがまじでズボン短い
ホットパンツの域だよ…
靴下ちゃんとリブがある!!
腰のポーチの中も包帯2つ入ってる!芸が細かい!!!



不動行光
映画で見てると結構がっしりしてるイメージあるけど、衣装だけだと結構細いな?
靴黒地に縁だけガッツリ金だったんだね。
今まで気づかなかった、新たな発見。


骨喰藤四郎
薬研とボタンの大きさ全然違う!!!
組み紐の紫色凄い鮮やか。
背中の革ベルト?みたいなとこ擦れてた。



山姥切国広
マント長いうえに下の方めっちゃ煤けてるしボロボロだし再現度凄い。
ズボン裂けてる!知らんかった!
靴も使用感半端ないし、ワイシャツの裾くしゃくしゃだし、セーターには毛玉…
まんばお前そういうとこだぞ。
フードよく落ちないなと思ったらなるほど、ヘアピン?コーム?何て言うのか良く分からないけど、そんなので固定してたのか。


鶯丸
映画の鶯丸凄いしっかりしてた…かっこいい…
大包平の話をしない鶯丸とても新鮮だった。
長手甲凄い、革の質感が最高に好き



へし切長谷部
かわいい..かわいいよ長谷部
あのシリアスな話の中で笑いを提供してくれてありがとう。
生地ビロードだったんですね…
膝のとこ擦れたのか色薄くなってた。
ズボンで見えなかったけど、下ちゃんとソックスガーターしてたのかな…
とてつもなく気になる。



日本号
顔がいい…
へし切~♪って長谷部追いかけるとこ最高に好き
槍マジ長い。
よくあんな長い槍振り回して戦えたな。
ベルトが仮面ライダーの変身ベルトみたい。
岩永さんが着てたらかっこよかったのに、マネキンが着たらなんかズドーンってしててちょっと笑った。
内番着でも何でもないあのスウェットは展示されないんですね…してくれてもいいんですよ。



三日月宗近
三日月ぃぃぃぃぃ!!!お前は!どこに顕現してもこう…色々抱えこんでしまうの!?!?
そういう運命なの!?
衣装はね、もうね神々しいよ…
草鞋金色だったんですね。
刀の方も鞘に傷とか色が剥げてる所とかあって胸熱。

一通り衣装を見たので次の部屋へ
暖簾をくぐり、いざ出陣!
そこには燃える本能寺と時間遡行軍が待っていた。

右手に無銘、左手に打刀、太刀、薙刀、打刀
舞台とかミュージカル見ても思うけど、よくこれ着てあんなに動けるよね
ほんと凄い。


無銘!!
左の胸当ての模様、龍の鱗じゃない?違う?


時間遡行軍の皆さんは背中側覗けませんでした。
次回開催される時は、何卒!!時間遡行軍の背中側も展示していただきたい。
あと、あまりにも部屋が暗いし赤くて、鎧が見えにくかったのでそこもどうにかしてほしい。

さて次の部屋!

安土の天守…と思ったらうわあああああ
銃撃を受け、皆を本丸に強制送還した後の三日月の衣装じゃないですか!!!!
うっ、しんどい…
さすが天守、一般人は立ち入り禁止。
線の外から見学する。




滲んだ血とか、砂埃とか細かいとこまで作りこまれている。
安土城天守の内装も復元され、三日月の衣装の隣には信長公の衣装も展示されていた。


隅っこにひっそりと、秀吉が安土に攻め入る際に持っていた三日月宗近が展示されている。
映画で観た袋はオレンジ系の茶色に見えていたが、全然違う…
黒地に優美な刺繍が施されていた。

次の部屋へ

刀剣男士集合???


なるほど、これは確かに集合している。
近くで共に写るもよし、遠くで全員撮るもよし。
遠目に集合写真を撮って次の部屋へ

暖簾をくぐるとそこは本丸だった。

映画では代替わりが終わるまで御簾が降りていたが、ここでは上がっている。
多くの審神者が座布団の上に座って記念撮影をしていた。




おじいちゃん審神者と幼女審神者の衣装も展示されていた。
鶴の刺繍されてたんですね
映画じゃ全然気づかなかった。


同じ部屋になんで敵大将的な存在の大太刀展示するんですか!?
ここでも代替わり阻止する?

髪のもじゃもじゃ感とか面頬みたいなやつから生えてる牙とか、ゲームの大太刀より禍々しかった。
次の部屋へ

限定映像が2つ流れていた。
限定なのでざっと説明する。
殺陣関連のものと、キャストのトークだった。

着用していたウィッグ

撮影禁止の場所は絵コンテ、撮影場所の紹介箇所だった。

 

 

そして!!!!!

 

 

これが!!!!!今回一番のシークレットなのではないだろうか?

 

 

 

倶利伽羅江

 

 


いやぁ初めて見たときはびっくりでしたよ。
映画に未実装刀剣男士が出るなんて!
ゲームに実装されるのか気になるところ…

まぁ、それは置いといて、倶利伽羅江君の衣装ですよ衣装!
ゲームに実装されている江派の二人の衣装を継承している。
映画で見た際、あれっ?生足出てないぞ?
短刀だと思ったけど違うっけ?違いません短刀でした。


生足が出てない要因は
1、ズボンがひざまである。
2、靴下が長い。
の2つだった。


そして、上着の背中に龍の刺繍が入っている。
刀身の彫り物が上着に刺繍されてるの刀剣男士史上初なのでは?

倶利伽羅江の展示が最後だったので出口へ
出口は物販も併設してあった。
記念にトレブロを1枚買って外に出た。まんばちゃんだった。

大展覧会最高でした。
これを踏まえてまた映画観たいと思います。(映画泥棒の続きも見たい)
また大展覧会とか本丸博とか開催してください。
お待ちしている。
京都、愛知ではこれから開催されるので、そちらに行ける方はぜひ足を運んでみてほしい。