モノ

figma Fire LEO-03 STYX / Fire LEO-04 RYNEX レビュー

サンダーフォースfigmaサムネ

今月のフィギュアレビュー!!!
需要あるのかわからないけどやるぜ!!

今回は「よく動く、キレイ」でお馴染みの人気フィギュアシリーズ、figmaの新作を紹介だ。

figma Fire LEO-03 STYX / Fire LEO-04 RYNEX

サンダーフォースセット箱
パッケージは、いつのもfigmaフォーマット。
2セットなので少し大きめ。

 

さっそく開封

梱包状態
ブリスターレイアウトはこんな感じ。
例のジップロックつき

 

台紙
台紙は切り離してディスプレイに使えるようになっていた。
figma買うの400万年ぶりくらいなんだけど、最近のってこんな機能付いてんの??

 

スタンド

スタンド
スタンドは六角形のベース2枚といつもの支柱2本、そして小さいfigma関節を使った支柱が4本入っている。

figma関節スタンド1

figma関節支柱3
figma関節支柱は関節×2とボールジョイント。

STYX






サンダーフォースの自機STYX
カッコいいですね。

 


この個体は右翼(?)が曲がってました。

 




キャノピーや垂直尾翼(?)などにクリアパーツが使用されている。

 



両サイド先端パーツを付け替えることで、サンダーフォースに登場した量産型を再現することが可能。

 


CLAWはfigma関節の支柱を使ってディスプレイ。
先端に挟み込むのだが、しっかり固定されず、並行を保たないとすぐに落下してしまう。

 

RYNEX





サンダーフォースの自機。
カッコいいですね。

 


キャノピーにクリアパーツを使用。

 


こちらのCLAWの固定は先ほどとは逆にかなりキツめ
塗装剥げに気を付けたい。

 




THUNDER SWORDを装着!!
ゲーム後半の姿に。
装着ギミックのため、垂直尾翼(?)は可動する。

 




THUNDER CLAWは結構重く、支柱のボールジョイントが耐えられない。
そのため、ポージング(?)が難しい。

 



一通り遊んでみての感想は「まったく動かない、どちらかというと雑」
ユージンタカラトミーアーツからFREEingになり、figmaとして出るということで何か変わったのかと思いきや、良くも悪くもシューティングゲームヒストリカそのものだった。
それなりな値段の商品のため、ハッキリ言ってゲームファンとfigma全部集めてますって人以外には全くお勧めできない。

 

ABOUT ME
anan
anan
オタク系の記事とか書きます。